支店長 日々是学び
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012年 ありがとうございました
2012年も本当にありがとうございました。

今回は、今年私自身が見学会に参加して学習してきたことをご紹介します。

皆様の住まいづくりの参考にしてください。



町の工務店ネットで愛知~岐阜に行ってきました。
設計者集団「チームおひさま」の郡 裕美さん、半田雅俊さんの設計による建物を2棟見学

窓を大きく、床にタイルを貼って、太陽の熱を吸収し蓄熱する。自然の太陽熱を利用し暖かさが長持ちする。

P1030164.jpg


アモルファス太陽電池~薄い薄い太陽光パネル?シート?・・・薄いので板金屋根に貼ってあります。
曇りでも発電を始め、軽量なので屋根の広範囲にはって、発電量を確保します。

P1030122.jpg


色合いの素敵なキッチン周りのデザイン

P1030180.jpg


外部につけるブラインド~夏の日射対策    これ電動で動きます。
但し!北陸の冬の嵐に耐えられるのか?

P1030185.jpg


続いては、島根県柿木村の「リンケン」さんの建物の写真です。
高津川流域の木を使って、自然とともに暮らすエコハウスづくりを進めていらっしゃいます。

P1040274.jpg


農家住宅のリフォーム~古き良きを活かして新しさを加えて再生させる。お見事でした。

P7040060.jpg

木材、無垢材に囲まれたおいしい空気の室内環境~さわやかな空間です。
P1040422.jpg


P1040427.jpg


赤ちゃんも安心して・・・空気のきれいな環境

P1040433.jpg

埼玉、高砂建設のショールーム~ソーラーサーキットの家をどこよりも数多く手掛けています。
ショールームらしくすっきりしたデザイン

P1040543.jpg


北九州 小倉にて前出の半田雅俊さんの設計
ローコストカウンター~すっきりしていてカッコいい

P1040879.jpg

P1040893.jpg


床下エアコン~冬は床から温まって、エアコンなので電気代も抑えられます。直接風が当たらないので、注目されています。ちなみに、右の人が新協建設常務 兼大阪支店長・・・この人、健康おたく。否!健康住宅推進のリーダーです。
P1040905.jpg


コンクリートを使わない擁壁~次第に緑に覆われて自然と一体になります。

P1040908.jpg

P1040909.jpg


小倉現代町屋。北九州の櫨本建設さんのショールーム、チームおひさまの趙 海光さんの設計です。
すっきりした外観。

P1040919.jpg

ビオトープ~庭に池を作る。・・・沢山の種類の植栽と共にメダカが泳ぐ池~ゆとりを感じました。
P1040941.jpg


自然を取り込んだ空気の美味しい、過ごしやすい住まいづくりの一例です。

北陸の気候と融合させながら一つ一つ解を見出していきたいと思います。


もう既に石川支店で取り組んでいる物あります。追々ご紹介したいと思います。



それでは皆様、良いお年をお迎えください!

また来年、よろしくお願いいたします。(武田)
スポンサーサイト
木づくり作業
木づくり作業(新協 石川のこだわり)

住宅の構造材の組み方を考え、長さを揃え、仕口を刻み、建て方の時に組み上げる段階までに仕上げる工事を木づくりと言います。

昔は、仕口の種類や梁の掛け方を考えながら、大工さんの手で木づくりすることは当たり前のことでしたが、今ではプレカット工場での機械加工に押されて、手加工で木づくりをしている建築業者も少なくなっています。

私たちは、お客様の満足度はもちろんのこと、技術の継承を含め大工さんの手加工による「木づくり」にこだわっています。


P1060768.jpg

今、土台を加工しています。材質は「能登ヒバ」 水分に強く、白アリにも強い。シロアリが嫌がる成分をヒノキよりも沢山含んでいるのです。

P1060769.jpg

加工場は能登ヒバの良い匂いが立ち込めています。

墨付けの線一本までに大工さんのこだわりが感じられる仕事です。


ここから家づくりが始まるのです。


見学ご希望の方!石川支店までご連絡ください。(武田)
T邸基礎工事
配筋工事が終わったと報告を受けたので、現場に行ってきました。

僕の主観ですが、鉄筋工事は先ず組み方が綺麗かどうかを見ましょう。縦の線、横の線が綺麗に通っているか?

斜めになっていたり、継ぎ手の長さが大きく違っていたりすると、なんだか雑に見える。その第1印象で良い仕事かどうかが判断できます。

見た目が悪い時・・・なんだかすっきりしないな?と思ったとき、僕は色々と疑ってかかります。あくまで確認です。鉄筋の太さ、間隔、継ぎ手の長さ、コーナーの補強筋等、現場監督や職人さんに再確認してもらうのです。
ケチをつけるのではなくてあくまで確認です。それをした上で、自ら鉄筋径やピッチを確認します。

P1060725.jpg

これまた僕の主観ですが、基礎工事業者の良し悪しを決める基準に、根伐りの上手さがあります。

P1060726.jpg

「土端の作り方。」

忙しさの中での仕事なので、雑になりそうなところを良い仕事をしてくれれば、後から入ってくる職人さんも気持ちよく仕事ができる。気配りの現れるところです。



本日、第3者の配筋検査を受けて、底板のコンクリートを打設します。



またご報告します。(武田)


我が家の温度測定2
まだまだ極寒日とは言えませんが、我が家の温度測定2をしてみました。

2012年12月20日 午前8時  外気温は1.5度。先日の調査日とは10度ほど低く、寒い朝です。

P1060639.jpg

復唱しますが、断熱の仕様は天井 壁ともグラスウール10K 100ミリ充填 床はカネライトフォームEⅢ45ミリ

蓄熱暖房機6K リビングに設置 設定温度は24度 その他の部屋で暖房機器は使用していません。

内部仕上げは床:無垢材(栗)フローリング(ア)15ミリ、壁は一部杉の3層貼り(ア)36ミリ以外はプラスターボード12.5ミリビニルクロス貼り。天井はプラスターボード9.5ミリ ビニルクロス貼り。和室は床は畳54ミリ、壁は京壁塗り、天井は杉板目透し貼り。



測定結果

蓄熱暖房機の温度は69.4度(朝一なので蓄熱量バンバン)

蓄熱暖房機の周辺は先日測った温度より少し高い程度(1~2度)。天井は30.4度ありました。

蓄熱暖房機のおいてある部屋の温度は22度

先日の調査同様、蓄熱暖房の対角の位置の温度は、床が16.6度で先日よりも少し低い。天井、壁は23度でほとんど変わりません。

蓄熱の影響を受けない部位。和室は床が7.2度。天井、壁は6.4度 サッシの枠が5.4度

玄関:床8.6度 壁7.2度 天井8.6度

トイレ(床:CFシート):床6.6度 天井、壁5.4度

洗面脱衣:床7度 天井、壁8.8度

ユニットバス:床5.4度 天井、壁4.4度

2階 階段、廊下:床6度 天井、壁6.2度

蓄熱のある部屋の真上の部屋:床8.6度、天井、壁5.8度

クローゼットのサッシの枠の温度は1.5度



建物の向き、道路の位置、風の通りなどが影響して、同じ部屋の中でも方位で温度が変わったりします。



断熱材そのものが熱を出して部屋を暖めるわけではありません。断熱材が入っていても何かしら熱源がないと部屋は温まらないことは皆さんご存知ですよね


昨夜、本社出張から帰ってきたのが深夜0時過ぎ、その時蓄熱暖房機の温度を測ったら41度。何とか室温は20度でした。0時過ぎですからもう既に蓄熱も始まっている時間なので、熱を出し切った時間帯は18時くらいなのだと思います。その温度も計測してみますね。


暖めた部屋の熱がどう逃げていくのかも、さらに検証したいと思います。またご報告します。(武田)















地盤改良工事着手~T邸
いよいよT邸の工事が始まりました。

まずは地盤改良工事

現況地盤から75センチ~1メートルの比較邸浅いところに支持層として十分な砂礫層があるのですが、そこまでが粘土質。

ということで表層改良工事をすることになりました。

P1020569.jpg

横に置いてある袋が「固化剤」

P1020572.jpg

これを重機でこねくり回して

P1020573.jpg


P1060624.jpg

基礎の高さに合わせて重機で押さえて工事は終わります。



軟らかい地盤を固化剤で固めて、不同沈下を押さえます。

敷地の土質は様々です。地盤調査をして土質を推測し、今まで建物が建っていたり、池だったり、盛り土、切り土、支持層が深かったり浅かったり、様々の状況で建設後の変化を予測して、どの改良法が良いか判断します。


住宅の場合、表層改良のほかに、支持層が深い場合は柱状改良(固化剤をドリルでこねくり回して杭を作る工法)、既成杭打工法などがあります。値段は建物の大きさによります。



お客様の不安を煽って必要の無い工事を勧めるのでは無く、事実に基づいた方向性を示すことが私たちの仕事だと思っています。さぁ次は基礎工事。(武田)






我が家の温度測定
放射温度計で我が家の温度測定をして見ました。

2012年12月16日午前9時~10時 外気温は11度

P1060620.jpg

蓄熱暖房機周辺を測ってみると、蓄熱暖房機の表面は66度、吹き出し口から10センチほど離れた部分の床は36度、10cmほど上の壁は、34.8度、天井付近は28度ありました。蓄熱暖房機の対角側、6mほど離れているでしょうか、そこの床の温度は17.2度、天井付近の温度は23度。室温は20度、蓄熱暖房機の設定温度は24度です。

P1060616.jpg

断熱の仕様は天井、壁はグラスウール10K 100ミリ。床はカネライトフォームEⅢ45ミリ。基礎断熱はしてません。

蓄熱暖房機の影響を受けない玄関の床は12度、土間は10.4度、和室の床は12.2度で床、壁、天井ともほとんど差はありません。


2階は1階より1度ほど高かったでしょうか。面白いことに蓄熱暖房をしている部屋の真上の部屋の温度が、15.4度で2度ほど高かいですね。蓄熱暖房機は24時間つけっぱなしなので、何かしら影響を受けているということです。



省エネルギーの観点から、蓄熱暖房機を否定的に捉える向きがありますね。これからいろんな方向から検証するつもりです。

今日は比較的暖かい日です。次回は極寒日に測ってご報告したいと思います。(武田)




Y工務店の業者会を見学してきました
12月11日ソーラーサーキットの21世紀会でご一緒している専務さんにお願いして、Y工務店さんの業者会を見学してきました。


雪の影響で5分前に到着したのですが、協力業者さんのお行儀がとても良いのにビックリ

40人もいれば会場はザワツクものですが、静かで、遅刻者もなく5分前には着席していて、始まるのを待っています。常日頃の協力業者さんとの接し方がここに現れているのでしょう。我が支店を振り返って反省することしきりです。

記念公演は風建築設計の笠島氏による「建築と技術のロマン」

スペイン バルセロナのサグラダファミリア教会から始まって同じくスペインのメスキータ、アルハンブラ宮殿、ニューヨークのWTC等等、実際、笠島さんがご自分で撮影した写真で、建物にまつわるお話をしていただき、後半は日本伝統建築の文化財改修工事報告もあって、「笠島さんて建築が好きなんだなぁ・・・」と思いながら楽しく拝聴いたしました。

2026年サグラダファミリア教会が遂に完成するそうです。完成を見に行くか?工事中に見に行くか?なんだか夢が広がります。

今は亡きニューヨークのワールドトレードセンターのツインタワー~あの9.11テロの犠牲になった建物です。旅客機2機が突っ込んで崩れていった建物。テロの前に建物を見た人にとってあの崩れ去る姿は、とても寂しく悔しい思いだったに違いない!なんとなく笠島さんの言葉に現れていたように思います。


建物はいろんな場面で人々の記憶に残ります。

笠島さんの話を聞きながら、建築の在り方について考えたりして…

勉強になりました。

笠島さんありがとうございました。

Y専務さんご無理を聞いていただいてありがとうございました。(武田)




辻井伸行 日本ツアー金沢公演に行ってきました。
先日、ピアニスト辻井伸行さんのコンサートに行ってきました。

P1060523.jpg

県立音楽堂コンサートホールは超満員!ドビュッシー4曲、ショパン4曲、カーテンコールで4曲
ドビュッシーの可愛らしいメロディーから始まり、ショパン4曲目の英雄ポロネーズは圧巻でした。
おそらく体に付けたピンマイクが拾っているのだろうと思いますが、曲の抑揚に合わせて、辻井さんの息遣いと時折漏れ聞こえる唸り声が、まるで激しいジャズを聴いているかのような錯覚を覚えるほどの迫力のある演奏でした。カーテンコールでは自作の曲なども披露してくれて、24歳の青年らしいお話も聞け、「優しさ」で締めくくってくれました。約2時間半、久しぶりに聞き入ったコンサートでした。

mail[1]
開演前

DSC_0065.jpg
県立音楽堂コンサートホール・・・ここが満員

離れた鍵盤を躊躇わず叩く。才能はもちろんのこと、積み上げた努力の開花なのだと思います。
この先、どんな音楽家になっていくのか?次回が楽しみです。(武田)

2012.12.9 「木の家学習会VOL7」開催
12月9日AM10時30分から木の家学習会VOL7を開催しました。
テーマは収納、整理
収納アドバイザーの浮田美紀子さんをお招きして整理、収納の基本的な考え方等のレクチャーと、ショールームのキッチンを利用して実践講習をしていただきました。所要時間は1時間20分
P1060488.jpg

午前の部、午後の部併せて40名ほどのお客様の参加があり、質問有の対話形式で楽しいセミナーになりました。
浮田先生ありがとうございました。参加された方の感想は「面白かった」が100%。
P1060491.jpg
いつかまたこの内容でセミナーを企画したいと思います。実践講習の収納の一部を少し紹介します。
P1060489.jpg

P1060502.jpg
無印のプラスチックケースを使って上手に整理されたキッチンの引き出し・・・参考になりました。
講義では「整理できない原因」などなど、なるほどと思えること一杯。
今回逃した方!次回是非ご参加ください。
尚、浮田先生は出張片付け教室にも取り組まれているそうです。
「片付け、苦手や~の人」!お願いしてみてはどうですか!先生にはまだまだ引き出しがありそうです。(武田)
地鎮祭2012.12.09
12月9日(日)AM9時より、T邸の地鎮祭が行われました。ここの処の寒波で雪と風の地鎮祭になり、お客様にとっても私にとっても印象深い地鎮祭になりました。
P1060473.jpg

ウ----寒い・・・・北陸の神様の歓迎は強烈

P1060475.jpg

二礼二拍手一礼、無地に完成、お引き渡しすることと、皆さんの健康をお祈りさせていただきました。
皆さんお疲れ様でした。
さぁ工事の始まり、一生懸命頑張ります。
進捗状況等またご報告します。(武田)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。