FC2ブログ
支店長 日々是学び
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月10日 木の家学習会VOL.9 開催
3月10日 木の家学習会を開催しました。今回で9回目。

今回のテーマは、「木のはなし 木づくりのはなし」


冒頭に私から、「木のはなし」として、木材のことをお話しさせていただきました。

日本は何故、木材輸入大国なのか?なってしまったのか?

県産材の現状!林業の話、なぜ今県産材なのか?

等をお話ししました。

そのあと、監督の隅君から、木づくりのはなし、木造住宅のはなしをさせていただいて、皆さんに現場見学をしていただきました。

DSC_0029.jpg   DSC_0032.jpg


能登ヒバの良い匂いのする現場で、杉の梁、地松の丸太、能登ヒバの土台、垂木の説明をさせていただき、

参加者の皆さんとお話をさせていただきました。


今回はアドバイザーとして大工さんにも参加していただいて、職人さんの話も聞くことができたのも良かったのではと思います。



林野庁が3月8日、2013年度4月~木材利用ポイント事業を実施すると発表しました。

地元の木材を使って建物を新築、増築、改装すると住宅エコポイントのような補助金を出すというものです。

国産材への関心が徐々に高まっていくと思いますよ。



ご参加いただいた皆さん!ありがとうございました!(武田)







スポンサーサイト
町の工務店ネット 設計学習会に参加
設計学習会に参加しました。


木造在来木軸工法でありながら、外壁で構造体力を確保して、内部の間仕切りは非構造体なので、将来改装が自由になります。


ということは、家族構成の変化にも対応できて、将来、売りやすい!という利点があります。



日本の住宅の平均寿命が30年。



イギリスは180年・・・・なぜ?



日本の場合、家族形態の変化に合わせて、間取りを変えにくい。そのたびに大幅改装や建て替えにつながるから、平均寿命が短いそうです。



その問題をクリヤした家が下の写真。・・・どうクリヤしたかは個別にご説明します。

DSC_0131.jpg


杉をふんだんに使ったダイニング

DSC_0144.jpg

木の匂いと畳の良い匂いのリビング 畳コーナー

DSC_0138.jpg

オーダー色の濃いキッチン 吊戸棚 ハッチカウンターの扉はシナベニヤ。

ちょうどいい大きさ

DSC_0146.jpg

私は今回、このちょうど良い大きさを学びたいと思って参加したのです。この設計士さんのスケール感は本当にちょうど良い大きさなのです。


DSC_0137.jpg

断熱は徹底しています。

1ランク上の地域並みの断熱仕様にしています。(表現が難しい・・・個別にお答えします)

基礎断熱 床下も部屋の一部~そのために床に設けられた換気口



下の写真は、小屋裏の換気口(説明が・・・個別にお答えします)


DSC_0178.jpg


企画住宅! どうですか?

ご興味のある方、ご連絡ください!


DSC_0173.jpg

DSC_0192.jpg



学習会の模様~コンセプト等を聞きました。

DSC_0181.jpg


設計学習会の様子

DSC_0204.jpg

終了後、国宝 犬山城の麓のホテルで・・・宴会!

DSC_0200.jpg

いやぁ!楽しい、学習会でした。ちゃんと勉強したんですよ。(武田)
3月2日3日 エコ住まいるフェア開催
3月2日 3日 「エコ住まいるフェア」というイベントがTOTOショールームで開催されました。


沢山のご参加ありがとうございました。


このイベントは、TOTOの商品を見ていただいたり、お住まいのことを伺ったりというイベントです。


また次回、ご案内いたします。(武田)

P1070324.jpg

あと1週間 「木の家学習会VOL.9]
皆様 いよいよ3月になりました。



昨日の陽気は、まさに「春」。啓蟄も間近!何があろうが、季節は動きますね。寒さももう少し、兼六園の梅、卯辰山の桜~今年も楽しみです。



皆様のお近くで春を感じられる名所があれば教えてくださいね。

DSC_0001.jpg


さて、木の家学習会VOL9の開催も迫ってきました。



日時:3月10日(日) 13時から



場所:一度新協に集まっていただいて、まとまって現場に向かいます。直接のほうが良い人は、連絡ください。



説明者には、私と隅、アドバイザーとして、鍛治さん、室谷さんの二人の大工が出席します。



今回の建物は、能登杉、能登ヒバ、東濃ヒノキ、北山杉などを使っています。



石川県とその周辺の山で育った木を使うということは、輸送時のCO2の排出量が格段に違います。



外洋材、よく使われる米松を例にあげますと、日本では北米からの輸入が多くて、約1万キロを船で運んでいるのです。ほとんどの国が自国とその周辺国で賄っているので、日本は世界レベルで言うと「まれな国」。


外洋材への依存が高かったために・・・?安かったのでしょうね。そのために国内林業は疲弊していきます。

でも・・・


少しずつ、変わりつつあります。



日本では戦後の植林から、建築で使えるほど山の木々は成長しています。全てが建築材に使えるわけではありませんが、自国の木を使えば、産業が活性化します。林業が盛んになれば、山も綺麗になり、海も豊かになるなど、環境にとっても良いのです。



今すぐシフトはできなくても、次世代のために、考えて行かなくてはいけないこと!と思います。



ってな話を若干しようかな・・・と思っております。



まだまだ参加者募集中です。ご興味のある方!お友達などお誘い合わせて、是非ご参加ください。(武田)





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。