支店長 日々是学び
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

我が家の温度測定2
まだまだ極寒日とは言えませんが、我が家の温度測定2をしてみました。

2012年12月20日 午前8時  外気温は1.5度。先日の調査日とは10度ほど低く、寒い朝です。

P1060639.jpg

復唱しますが、断熱の仕様は天井 壁ともグラスウール10K 100ミリ充填 床はカネライトフォームEⅢ45ミリ

蓄熱暖房機6K リビングに設置 設定温度は24度 その他の部屋で暖房機器は使用していません。

内部仕上げは床:無垢材(栗)フローリング(ア)15ミリ、壁は一部杉の3層貼り(ア)36ミリ以外はプラスターボード12.5ミリビニルクロス貼り。天井はプラスターボード9.5ミリ ビニルクロス貼り。和室は床は畳54ミリ、壁は京壁塗り、天井は杉板目透し貼り。



測定結果

蓄熱暖房機の温度は69.4度(朝一なので蓄熱量バンバン)

蓄熱暖房機の周辺は先日測った温度より少し高い程度(1~2度)。天井は30.4度ありました。

蓄熱暖房機のおいてある部屋の温度は22度

先日の調査同様、蓄熱暖房の対角の位置の温度は、床が16.6度で先日よりも少し低い。天井、壁は23度でほとんど変わりません。

蓄熱の影響を受けない部位。和室は床が7.2度。天井、壁は6.4度 サッシの枠が5.4度

玄関:床8.6度 壁7.2度 天井8.6度

トイレ(床:CFシート):床6.6度 天井、壁5.4度

洗面脱衣:床7度 天井、壁8.8度

ユニットバス:床5.4度 天井、壁4.4度

2階 階段、廊下:床6度 天井、壁6.2度

蓄熱のある部屋の真上の部屋:床8.6度、天井、壁5.8度

クローゼットのサッシの枠の温度は1.5度



建物の向き、道路の位置、風の通りなどが影響して、同じ部屋の中でも方位で温度が変わったりします。



断熱材そのものが熱を出して部屋を暖めるわけではありません。断熱材が入っていても何かしら熱源がないと部屋は温まらないことは皆さんご存知ですよね


昨夜、本社出張から帰ってきたのが深夜0時過ぎ、その時蓄熱暖房機の温度を測ったら41度。何とか室温は20度でした。0時過ぎですからもう既に蓄熱も始まっている時間なので、熱を出し切った時間帯は18時くらいなのだと思います。その温度も計測してみますね。


暖めた部屋の熱がどう逃げていくのかも、さらに検証したいと思います。またご報告します。(武田)














スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://iezukuri2012.blog.fc2.com/tb.php/7-c349d6a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。