支店長 日々是学び
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

T邸基礎工事
配筋工事が終わったと報告を受けたので、現場に行ってきました。

僕の主観ですが、鉄筋工事は先ず組み方が綺麗かどうかを見ましょう。縦の線、横の線が綺麗に通っているか?

斜めになっていたり、継ぎ手の長さが大きく違っていたりすると、なんだか雑に見える。その第1印象で良い仕事かどうかが判断できます。

見た目が悪い時・・・なんだかすっきりしないな?と思ったとき、僕は色々と疑ってかかります。あくまで確認です。鉄筋の太さ、間隔、継ぎ手の長さ、コーナーの補強筋等、現場監督や職人さんに再確認してもらうのです。
ケチをつけるのではなくてあくまで確認です。それをした上で、自ら鉄筋径やピッチを確認します。

P1060725.jpg

これまた僕の主観ですが、基礎工事業者の良し悪しを決める基準に、根伐りの上手さがあります。

P1060726.jpg

「土端の作り方。」

忙しさの中での仕事なので、雑になりそうなところを良い仕事をしてくれれば、後から入ってくる職人さんも気持ちよく仕事ができる。気配りの現れるところです。



本日、第3者の配筋検査を受けて、底板のコンクリートを打設します。



またご報告します。(武田)

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://iezukuri2012.blog.fc2.com/tb.php/8-58e4c573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。